キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 今さら聞けないアパート建築費について

アパートの建築費はいくら程度になるのか?

今さら聞けないアパート建築費について

アパートの経営を考えた時、経費はどれくらいかかるのか、建築費以外にどれだけかかるのかをしっかり把握しましょう。

[+IMAGEALT+]

アパートの建築費はいくら程度になるのか?

アパート経営を考えた時、どれくらいの経費が必要なのかを知らなければなりません。

土地を持っているならそこにアパートを建てることになりますが、アパートを建設するとして、どれくらいの建築費となるのでしょうか。

【工事費はいくらくらいか】

アパートの建築費はだいたいこれくらいです、というような話は耳にすると思いますが、この建築費というのは、一般的に建物の外枠だけの工事費となります。

外枠だけでは住めませんので、当然室内の設備費が必要になります。

建築業者によって、建築費の書き方が違いますので確認するようにしましょう。

建築費と設備費でいくらくらいか出してもらいましょう。

【本体以外の工事費は】

本体以外の工事費は、先ほども言った設備費がありますが、他にもあります。

地方自治体で決められているアパート建築に関する負担金(下水道負担金、水道負担金など)や駐車場敷地費用、外溝工事費などです。

だいたいどれくらいかというと、本体工事費の20%くらいと考えておけば良いようです。

また、この他にも火災保険料や登記に関わる諸費用が必要です。

8世帯のアパートを建てたとして、本体工事費以外に100万円から200万円はかかるだろうと言われています。

【必要経費をしっかり把握しよう】

アパート経営を勧められて、アパートを建てたら何とかなるだろうと考えている人がいるかもしれませんが、どれくらいの経費が必要で、その資金をどうするかというのをしっかり考えておかないとアパート経営はうまくいきません。

必要経費をまずしっかり把握して計画を立てていきましょう。

★建築費の目安として…土地活用の窓口

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント