キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 RC造のアパートを建てる時の注意 : 今さら聞けないアパート建築費について

RC造のアパートを建てる時の注意

今さら聞けないアパート建築費について

RC造のアパートを建てる時の注意についてです。メリットもあるのですが、建築費、修繕費も高いというデメリットもあるのでよく検討してください。

[+IMAGEALT+]

RC造のアパートを建てる時の注意

アパート経営のために建物を建てる時、木造にするかRC造にするか迷うところですが、耐震性があるのは断然RC造です。

しかし、絶対にRC造の方が良いというわけでもなさそうです。

【RC造のメリット】

RC造りのアパートのメリットは、耐震性が高いということです。

ここのところ、日本のあちこちで大きな地震が起こっており、今もいつどこで起こるかわからない状態です。

大きな地震が来ても建物が倒壊しないためには、耐震性のある建物を建てた方が良いと考えられ、RC造のアパートを勧める会社もあるようです。

また、耐震性があるため長期返済ローンを組むことができるのもメリットと言えるでしょう。

さらに、防音性にも優れており、騒音トラブルも少なくなると言われています。

【RC造のデメリット】

木造よりも耐久性があるので、頻繁に修繕をしなくても良いのですが、いざ修繕をしなければならなくなった時、修繕費がとても高くなってしまいます。

もちろん、建設する時の建築費も木造よりも高いですし、費用が高くなるのがRC造のデメリットと言えるかもしれません。

【デザインにも注意】

アパートを建てる時は、ついその時に流行しているデザインで建ててしまいがちです。

同じ建築費を使うのであれば、今流行しているデザインではなく、将来的にも受け入れられるようなデザインで建設した方が、入居者が集まりやすく、安定したアパート経営ができます。

その時流行のデザインだと、飽きれば入居者は出て行きますし、流行が終わっていれば次に入居してくれる人もなかなか見つからないのです。

また、昨今では宅配ボックス設備がある物件が人気のようです。

施工後につけられるタイプの宅配ボックスもあるので、一度チェックしてみてはいかがでしょう。

PICKUP≫≫パナソニック、宅配便の再配達削減に貢献する宅配ボックスの新製品

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント