キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 3階建てのアパートはダメ? : 今さら聞けないアパート建築費について

3階建てのアパートはダメ?

今さら聞けないアパート建築費について

3階建てのアパートは建築費がかかると言われていますが、長期に渡ってみるとこちらの方が安定した経営ができると言われています。

[+IMAGEALT+]

3階建てのアパートはダメ?

アパートといえばだいたい2階建てが主流ですが、土地が狭いために上に高くしてそれなりの部屋数を得たいと考えることもあるでしょう。

3階建てのアパートを建てるメリットとデメリットについてまとめました。

【3階建てのメリット】

3階建てのアパートは、土地が狭くても居住数が増やせることがメリットです。

3階建てだと建築費が高くなってしまうのですが、土地が狭いと土地の取得額が低くなるので2階建てのアパートを建てるよりもコストが抑えられることもあります。

【3階建てのデメリット】

3階建てのデメリットは、上に積み上げる分、強度を上げないといけないために建築費が高くなります。

材料費なども高くなってしまうので、どうしても建築費は上がってしまいます。

さらに、3階建ての場合、エレベーターを設置しないと入居者は集まりにくいので、設備費用などもかかってしまいます。

【3階建てがダメとは言えない】

3階建ては建築費がかかるとか、エレベーターがないとダメなどいろいろとありますが、設備を整えた3階建てのアパートの方が、長い目で見ると良いということがあります。

2階建てのアパートで建築費などを抑えたとしても、入居者がだんだんと減ってしまえば収入は途絶えてしまいます。

3階建てで建築費がかかったとしても、メンテナンスをきちんと行って良い状態を保っていれば、入居者は集まりやすいので安定したアパート経営ができます。

3階建てだとお金がかかると言われますが、先のことを考えると良いこともあるのです。

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント